きらきらしている。

舞台が好きな話をします。

初来店、Club SLAZY

12/10 

行ってきました、初SLAZY!

わたしのメサイア繋がりのフォロワーさんがよくTwitterで呟く「健康に良い」と噂のSLAZY。何が健康に良いのか? ホストではないこと、あと先人の素晴らしい紹介ブログ、そしてサイトで人物の名前とお顔をふんわりとした関係性をある程度一致させて、くらいの知識で行きました。4からでわかるかなあ大丈夫かなあ置いて行かれないかなあとかなり不安でしたが、友達と二人でいざスペース・ゼロへ。

チケットもぎりの人の次のスタッフさんに渡されたのが、噂のガーネットカード!しかもランダムなんだ!!!とか感動しながらとりあえずプレイボタンを買いました。(ガーネットカードはオッズさんからでした!)ファンからのお花がたくさんあって、そしてガーネットカード、なんかすでにそわそわしていました。物販に並んでる時点でスレイジーの雰囲気にのまれているわたしと友達。「すでにスレイジーにのまれてる。わたしたちスレイジーに負けてる」


◆ここから、初見の感想をかいていきます。4のネタバレがっつりしていきます。ご了承ください。◆





前説、エンドくん!噂のエンドくん!
いざわさん!今回出ないのが残念です生で見たかったなあ。しかし、棒読みの前説かわいかったです。

そしてついにはじまりました、SLAZY。
2時間、休憩なし。あっという間でした。
終わったわたしの感想はしばらくずっとこれでした。

「めっっちゃ面白かった、めっっちゃ面白かった。やばい、SLAZY、やばい」

語彙力なんてなかった。っていうかすごかったんです。開始15分くらいですでに「あ、来てよかったわ、もう元とったわ」って満足度。謎めいたQちゃんと、支配人代理のオッズさんの会話から始まるんですが、最初は世界観に入り込まなきゃ!って結構肩肘張って観ていて、でもその後のショーが始まってからもう怒涛のスレイジー。ぐいぐい引っ張られました。笑って、笑って、色気と、伏線と、謎と、涙と、ショーと、笑顔。今回で初めて明かされたのかな?って関係性と、ああ、これは前から出ていたのかな?って伏線とがまざりあって、初見ながらも途中でパズルのピースがカチッと自分の中ではまった瞬間の鳥肌がやばかったです。そう、一番やられた、と思ったのはディープさんがジュニアだと気付いた時。うわあああ、うわあ、って。すっごい、SLAZY、おもしろい。


◎ハチとキュー。
これもやられた!と思ったんですね、Qちゃんって聞いてたもんだからてっきり他のLAZYと同じく英語の意味だけかと思っていたら数字の9とは。そのままQ、じゃないじゃん!!!!そしてハチ、ブルームさんは元ミスティック。でも冒頭でクールビーさん(観劇後わたしと友達の会話でしきりに豆!と呼ばれていました)に「入ってきていきなりLAZYになったやつにはわからない」みたいなことを言われていたから、元ミスティックだったとはQちゃん以外知らない……?ってなったので、これは今回で初めて明らかになったんじゃないかと予想。髪の毛のこだわりで帽子を被らないQちゃんはみんなに個として認識されているけど、ハチはその他ミスティック同様認識されていない。あと、7の方が偉いとジュニアに話していたのを見るとこれもLAZYとシステムが似ていて、そうなるとQちゃんよりハチの方が先輩というか、優秀。ジュニアが来たことによって優秀なだけじゃないハチが見えて、それをこっそりと嬉しく思うQちゃんが印象的でした。不完全だから、自分が補える部分が見えるから、隣にいていいんだ。そう安堵している感じが。あと全然関係ないですけど、Qちゃんとハチは髪や背丈、ビジュアルが似てる。これって偶然?それとも意図されたもの?わからないけどすごく似ていた。双子みたいに見えて、だからこそQちゃんが一人になったのがさみしそうに見えたっていうか。


◎ひとりぼっちになった者同士
ハチがブルームとしてそばにいたことを知らないディープはQちゃんに、自分だけになっちゃったと愚痴って、それに対してQちゃんは「一人になったのは貴方だけではないんです」といったようなことを強い口調で言う。あそこ、すごくぐっときたんですよ〜〜〜〜。ディープは知らないだけで、一人じゃなくて、ブルームがいた。でもQちゃんは真実は知っていたけれど相棒だったハチも自分の隣からいなくなって、ジュニアもLAZYになった。(シリーズ初見のわたしはこう受け取りました、見当違いだったらごめんなさい)これはすごく過去作見たい!!!!ってなったとこです。ハチはブルームとしてディープにどんな態度で、時にどんな言葉をかけてきたのか?Qちゃんはディープにどう接してきたのか?きっと伏線たくさんだったんだろうな〜〜〜〜ってなってます。見たい。めっちゃ見たい。だって今回の舞台だけでこんなに鳥肌たってるわたしみたいな人間もいるんだもん、長く追っかけてる方の気持ちとかきっとすごいんだろうなって思います。

あ、あと。髪型とかで一見Qちゃんのが自由に見えるのに、ハチがミスティックをやめてLAZYになった理由って過去作で出ているのかな……?ハチはジュニアを見守りたくてLAZYになったのか、単に自由になりたかったのか、どうなのかなあ、と思いながら観てました。

ちなみにジュニアがお兄ちゃんと離れ離れになるとこの、ハチの「しりとりをしよう」でわたしの涙腺は駄目でした。さらっとやった、なんなら笑いをとったシーンをああいうとこにもってくるの弱い。繰り返し言われる何かあったら「ハチを呼ぶ」、も、いつかブルームに対してどうにかなる日が来るのかなあ。ディープが本当にどうしようもなくなった時に、彼はハチを呼ぶかなあ。

最後のカテコ?だったかな?で、センターの扉から帰っていくとこ?あれ、違うかな、扉を開けるとこかな、あそこでブルームのために扉を開けるのがQちゃんとディープだったのもすごくよかった。関係性からつながる行動に弱いんです!!!!!!!

◎ショーがたのしい
これ、本当に楽しかったです。
曲が素敵、客降りがフリーダム、歌がお上手!!!!手拍子途中で止まったりタイミングずれたりしちゃうくらいきらきらしたLAZYに夢中でした!プレイボタン買ってよかった〜〜〜〜!!!!聞きながらこれ書いてるんですが、すごいはかどる。歓声入ってるのききながら、テニミュドリライ音源に似たあれを感じとってふふってなるのもすごいいい。
最後の兄弟の二人のDが揃ってのショーは舞台左右にどーんってある照明機材あるとこも光ってておおおお!ってテンションあがったんですよ〜〜〜!たのしかった!


他にも、ニコイチのフライとグラフのぶつかり合いを過去と対比させたり、ジュニアとディープに交互に喋らせたり、ブルームとハチを使い分けたり、一見ちゃらちゃらしてるだけに見えるクールビーが実はそうじゃなかったり(兄弟が多いから俺の勝ち、のくだりもずるかった)(歌うたいのセレナーデを最後にもってくるのもずるい)あっちこっちの関係性が絡み合って面白かったです。なんかやたら死にたがるブルームとか。いろいろ気になるとこを過去作で確認したいです。あとエンドくん何して謹慎中なの?猫?猫連れ込んだの?


カテコのあとにショーがまたあって、それで終わりかと思ったらまたQちゃんとオッズさんと、影が出てきたり。Qちゃんとディープとブルームだったり、また少しの謎を提示して終わる感じもよかった。次があったら絶対行きたくなる終わり方だった!!!



◎そして見終えたわたしたち
終演後から買える『シークレットブロマイド』を慌てて購入。横に見えるリピーターチケット制度に震えるわたしたち。その待ち時間に香水のテスターを試すわたしたち。個人的にはQちゃんとブルームがすごくよかったです。しかし最初に開けたからどういう仕様になっているかわからなくておもむろに中指についてしまったブルームさんがその後ごはんしにいくまでずっと匂いがついたままで、「中指のブルームが!中指のブルームが!」とはしゃぐわたし。そして列を離れたあとにコージさん推しの友達は悩みに悩んで(友達「お願いだ〜〜〜〜クレカ切らせてくれ〜〜〜〜!」)1だけDVDを購入。理由は、エンドくんが気になったから。あとアクトさん。そのあとごはんをしながらひたすら10分に1回は「いや〜〜〜〜面白かった」って話してました。すっかりやられました。友達の「こんなはずじゃなかった」がすごい印象的でした。


初めての来店でしたが、もうがっしり掴まれました。元々観劇は1回だけの予定で、ふと2回見ないと後悔しそうだ、と思って前日に増やしたチケットだったのですが、大正解でした。もう1回見たい。そう思う舞台。次は誰のガーネットカードがもらえるのか、今からわくわくしています。上手側、中央通路の手前の席(9列目!Qちゃんだ!と終演後に気づいてはしゃぐ大人ふたり)だったのですが、横も後ろもなんなら上手の扉からもキャストが行き来するのですごく楽しめました。あと通り過ぎてくキャストからいい匂いがしたのでさては香水をつけているな……?と思いました、いい販促です。わたしも欲しい。

そんなこんなで長々と感想をかきました。読んでくださった方、ありがとうございます。
違うよ!そうじゃないよ!と思う部分もあるかと思いますが、それは後々DVDを見て答え合わせをしていこうと思います。とりあえず、わたしが言えるのはこれです、これに尽きます。






SLAZY最高!!!!!!来週も楽しみ!!!!!